オールビルドは群馬県高崎市で土地・分譲地情報の提供と子育て・健康・シンプルをテーマに木の家づくりをしている新築住宅の工務店(ハウスメーカー)です

暑さ・寒さ対策へのこだわり

今、寒い期間と同じくらい、暑い期間も長くなっています。

オールビルドが創る住まいは断熱+遮熱住宅です。
私たちオールビルドは高断熱よりもう一歩進んだ熱対策で、冬の暖かさだけではなく夏の涼しさをも実現する、一年中快適な家をつくります。

冬暖かく、夏は涼しい住宅、聞いたことはありますか。

家を新築された方から、
「冬が暖かくてすごく楽」
「暖房は朝晩だけで、日中はほとんど要らないくらい暖かい!」
という話を耳にするはずです。

現在の新築住宅は、「断熱材」をふんだんに使う事で、昔の住宅より低い外気温の影響を受けにくく、更にアルミサッシやコーキング(スキマ埋材)が普通に使われることで、室内の空気が逃げにくく、外気も進入しにくい「気密性が高い」建物になっています。これが、住み替えた時に感じる暖かさの仕組みなのです。

しかし、家を新築した方から「夏が涼しくて楽」・「冷房は日中だけで、朝晩はほとんど要らないくらい涼しい!」
という話を聞いたことがありますか?
それより、「夏は朝から暑く、日が暮れると、家の中より外の方がしのぎ易い…」という話を、聞いたり実感していたりしませんか?つまり、このような住まいが今の新築住宅に多く見られる傾向です。では、この原因はいったい何なのでしょうか?

高気密・高断熱住宅は、冬暖かくても夏涼しいとは限りません。

断熱材や気密性の高いアルミサッシ、そしてコーキングなどを使う「断熱・気密」の技術の発祥の地は、冬は日本よりはるかに寒く、夏は日本よりはるかに涼しい北欧や北米の技術なのです。
それらの都市の平均気温で見ると…

日本と北欧や北米を比較すると、日本より冬は寒く、夏はむしろ涼しいと言えるでしょう。
つまり、「断熱・気密」は、本来寒さ対策のための技術であり、この技術を使って北欧・北米より暖かい日本で家をつくれば、とても暖かい家となるわけです。
これが、今の新築住宅が冬とても暖かい理由です。
逆に、この技術は暑さ対策としてのものではないため、夏の暑さしのぎにならず、そればかりか断熱材や外壁材が暑さを溜め込み、時間をおいて家の中に熱を発してしまうのです。

断熱+遮熱。遮熱(しゃねつ)とは?

遮熱とは、熱の反射率の高いアルミで家を覆い、断熱材が溜め込もうとする熱(赤外線)を前もってに跳ね返す仕掛けをします。 外からの暑い・寒い熱は跳ね返し、家の中の涼しい・暖かい熱が外に出るのを防ぎます。
右の写真はアルミを含む遮熱材を外周に貼った写真です。
但し、アルミだからといってアルミホイルでも良いわけではありません。壁の中で、カビの元となる結露をおこさないために湿気を通すものであることが必要です。
従来の断熱だけの住宅とは異なり、熱そのものを遮断しますから、効果は大きな差があります。

性能も品質も確かで地球にも優しい

遮熱効果のあるシートは様々なメーカーのものがありますが、オールビルドではテフロン加工で有名なデュポン社のものだけを使用しています。他メーカーのものとは異なり、加工してあるアルミ部分の耐久性も心配ありません。また、遮熱シートはポリエチレンの超極長繊維をランダムに編み上げ、高熱と圧力だけで結合させた不織布です。ごみとして燃やしても、炭酸ガスと水に分解されますので人にも環境にも安全です。

遮熱住宅を建てられたお客様から必ずあがるのが
○光熱費が安い!
○ 夏も冬も、エアコンをほとんどつけなくて過ごせる。
といった喜びの声です。(詳しくはお客様の声をご覧下さい。)それだけではありません。いろいろな現場でお仕事をしている大工さんからも、こんな声があがっています。

○夏場、40度近くになる日の特にお昼頃はもう暑くて仕事ができないんですよ。だからあんまり暑い日は、午前中だけ仕事をして帰ってしまうんです。
でも、オールビルドさんの現場は他と違ってだいぶ涼しいから、暑い日でも窓をあけていれば普通に仕事ができるんですよね。やっぱり遮熱の効果はとても大きく感じます。遮熱をすると誰もが効果を実感するようです。
だからといって特別なことは必要ありません。従来使用している、外壁用の防水シートを遮熱効果のあるものに変えるだけ。それだけでいいのです。

オールビルドでは更に、屋根断熱にも、フローリングの床下にも遮熱シートをプラス。これで家全体が夏は木陰の涼しさを、冬はポットの中のような暖かさをもつことができます。窓全部を最高級のものにしなくても、防水シートを変えるだけで、節約しなくても快適な温度のエコライフが実現します。

私たちがご提案する住宅は、このように「断熱+遮熱」を基本としています。

詳しく知りたい!効果を体験したい!と思われた方は...

資料をご希望の方は、資料請求フォームにご住所をご記入の上、送信して下さい。
また、効果を体験してみたい方は、すでにお客様が住まわれている遮熱住宅をご案内致します。問い合わせフォームからお問い合せ下さいませ。