オールビルドは群馬県高崎市で土地・分譲地情報の提供と子育て・健康・シンプルをテーマに木の家づくりをしている新築住宅の工務店(ハウスメーカー)です

子育て

大切なのは、家族の間の豊かなコミュニケーション

オールビルドでは、家は家族のコミュニケーションを育む大切な場所だと思っています。
オールビルドの家は子どものことを一番に考えて、「家族のコミュニケーションが自然に増える家」になっています。子どもがのびのびと健やかに成長するために必要なもの。パソコンや携帯?日当たりのいい部屋?オールビルドは、子どもの成長に本当に必要なもの、それは「モノ」ではなく家族の間の豊かなコミュニケーションだと考えます。
中でも、「家」で過ごす環境や時間は、親と子のコミュニケーションや子どもの成長に大きく影響する、とても大きな役割を果たしているのです。オールビルドでは家族がいつまでも仲良く暮らすため、また、子どものことを考えた空間づくりをお手伝いします。そこで、子どものことを考えた家づくりへのこだわりをいくつかご紹介します。

子どもの成長に合わせた空間づくり

広くて明るい、何でもそろった子ども部屋。日当たり・風通しが家の中で一番良くて、エアコンもTVも電話もあり、ゲームやインターネットが揃っていれば、部屋に閉じこもりやすい環境をつくってしまうことと同じです。これでは、家族のコミュニケーションはもちろん、子どもに目が届きにくくなってしまいます。
子どもにとって、家の中で居心地のいい場所は、家族が集まるリビングであってほしい。そんな思いから、子ども部屋は「心地の良すぎる」空間ではなく、「集中して勉強できる」「体を休めることができる」空間であることが大切だと考えています。
そこで、オールビルドが考える子ども部屋へのこだわりは、『子どもの成長にあわせた空間』です。  

子どもが小さいうちは、親の目の届きやすいリビングなどにコーナーやエリアをつくって、家族のコミュニケーションがとりやすいように。また、親が近くにいることの安心感や、家庭内事故を防止することなどを優先的に考える。その後の子どもの成長と個性に合わせて、集中して物事や勉強ができるスペース(部屋)をつくってあげる。これが、オールビルドの子ども部屋へのこだわりです。

会話がはずむセンターキッチン

作業動線を気にして作られることが多いキッチン。でも、作業だけをする場所でいいのでしょうか?
オールビルドでは、キッチンを「ただ料理をつくる場所」から、家族が集まったりくつろいだりできる「大切な場所」として考えています。そこで、センターキッチンを採用。お料理中も後片付けの時も、家族との会話が自然と弾みます。また、親が料理をしたり片付けをする姿を見て、子どもが自然とお手伝いをしたり、作ることの楽しさや、後片付けの習慣なども身についていくのです。
キッチンを家族のコミュニケーションエリアへ。これが、オールビルドのセンターキッチンへのこだわりです。

いつでも家族の気配を感じるリビング

キッチンからもリビングからも、家族がお互いの姿を確認できればそこから自然と会話も生まれます。
ダイニングテーブルなどを広めにすることで、子どものスタディコーナーにもなります。食事の用意や後片付けをしている時間と宿題をする時間が重なっても、ダイニングが子どもが親の気配を感じながら勉強できる空間に早変わり!また、階段がリビング内にあることで、こどもが学校から帰って家族の顔を見ずに2階へ上がってしまうこともないので、子どもの様子が見えて安心です。
これがオールビルドのリビングへのこだわりです。